ジャッジガベル

夫婦関係でお悩んだら

日本では協議離婚が大半を占めますが、その際に慰謝料や養育費の支払い方法についての法的な取り決めが不十分なケースが少なくないといわれています。離婚後の金銭トラブルを避けるためには、事前に弁護士などの法律の専門家に相談しておくのがよいといえます。

詳しく見る

電卓

経営者のための相談窓口

地域に密着した江戸川区の企業経営者の間で人気があるのは、各種相談や記帳代行などにも対応している、税理士事務所のサービスです。資金調達のサポートも評判ですが、社会福祉法人の運営や事業承継などで、地元の税理士を活用するのがトレンドです。

詳しく見る

男性

評判で選ぼう

横浜で社労士を探すには評判を重視しましょう。また、これまでの実績も重要です。インターネットや口コミを参考にして情報を収集します。それから、電話やホームページから問い合わせをしてみるのもいいかもしれません。

詳しく見る

男女

借金問題を解消する

千葉県で借金問題について悩んでいるのであれば、法律の専門家である弁護士に相談してみることをお勧めします。あなたの借金額や収支状況に応じて、経験豊富な弁護士が適切な債務整理の手法についての助言と手続きをしてくれます。

詳しく見る

男性

法律の専門家です

弁護士はそれぞれ専門分野を持ち活動しています。町田にも多くの事務所がありますが、口コミや実際に複数の事務所に相談してみて選ぶ事が大切です。近年は税理士や行政書士、社会保険労務士等と提携をする、または同じ事務所内で活動をする弁護士も多く、様々なケース専門家の力を借りれるメリットがあります。

詳しく見る

弁護士への相談がおすすめ

離婚届

得意分野をチェック

何等かのトラブルに巻き込まれたり、精神的なダメージを負った時は相手に慰謝料請求したいですが、慰謝料請求の方法がわからないという人も多いのではないでしょうか。慰謝料請求したい理由は人それぞれ違いがあり浮気や離婚などの男女トラブルが原因という人もあれば近隣トラブルや仕事でのトラブル、さらに交通事故や金銭トラブルに巻き込まれているという人も少なくありません。そして慰謝料請求したいと考えていても手続き方法がわからず泣き寝入りしてしまう人もまた少なくないものです。慰謝料請求したいという人が自分で行う方法としては、口頭や書面で請求するというものがあげられます。とはいえ、口頭の場合は感情的になってしまう可能性もありますし記録が残らないので後日トラブルにつながってしまう可能性もありこれだけで解決は難しいと言えるでしょう。書面の場合は記録が残るというメリットがありますが、やり取りに時間が掛かる傾向にあります。慰謝料請求をよりスムーズに行うなら法律の専門家である弁護士のサポートを利用することもおすすめです。書面や口頭での慰謝料請求ではスムーズな解決が得られない場合もありますが、調停や裁判となった場合も法的なアドバイスもきちんと行ってくれますし、裁判の場合も弁護士が代理人として裁判所に出頭してくれますので精神的な負担を抑えられるのもメリットです。弁護士も交通事故、離婚など得意としている分野はそれぞれ違いがありますので、依頼する前はどのような分野で活躍している弁護士であるかをよく確認しておきましょう。