夫婦関係でお悩んだら

ジャッジガベル

専門家へ相談することが大事

現在の日本では未婚率が上昇傾向にあるといわれています。一方で、縁あって結婚しても何らかの事情で離婚に至る夫婦も像が傾向にあるといわれています。日本では、裁判を経ての離婚ではなく双方の協議による協議離婚が大半を占めるといわれています。しかし、離婚時に慰謝料や養育費の支払いについてしっかりと決めておかなかったり法的に有効な措置を取らなかった結果、後々に養育費や慰謝料の不払い、子供との面会に関する手続きなどで問題になるケースも少なくないといわれています。そうしたリスクを避けるためには、配偶者との離婚協議を始める前に弁護士などの法律の専門家に慰謝料や養育費の相場や、支払いを担保する手続きについての助言を受けることが大切になるといわれています。特に養育費は子供の権利でもありますので、そのことをしっかりと相手方に要求していくことが重要であるといえます。また、相手方の不貞行為や暴力行為が離婚の原因となる場合、相手方に慰謝料を請求することもできます。慰謝料の相場については自分の感情に任せて請求するのではなく、過去の裁判事例などについての情報を専門家に貰いながら請求するのがよいといえます。離婚問題を他人に相談するのは気がひけるという人もいるでしょうが、きちんとした法手続きを踏まずに離婚してしまうと、あとで困るのは自分自身です。また、自分がしっかりと手続きをしなかったことによって子供にも悪影響を及ぼす可能性がありますので、離婚前にしっかり法律の専門家に相談しておくことが大切となります。