塾講師や保育士として働きたい人は必見|転職で叶えるハタLike

スーツ

塾でイキイキと働く

パソコン

塾の仕事がしたいと考えている人は、どのような働き方が望ましいか考えましょう。塾では、塾講師以外にも受付などの働き方があります。特に大手塾なら受付専用のスタッフや事務スタッフなどが募集されているので、講師以外にもさまざまな働き方ができます。塾で働きたいと考えている人は、講師としてなのか、それとも受付や事務スタッフとしてなのか検討しましょう。また、塾によっては教室長という仕事が設けられているところもあります。教室長は生徒の成績を伸ばすことを最終目標に、講師の指導を行ないます。わかりやすい授業ができているか、また、教室の雰囲気が良いか判断し、生徒が通いやすいようにさまざまな仕事を行ないます。塾によっては社員がそれらを行なうところもありますが、キャリアアップを目指している人は教室長制度を設けている塾で働きましょう。

仕事先に塾を選びたい人は、生徒の対象年齢を考慮することが大切です。塾によっては小学生のみを指導しているところから、大学受験を目指す高校生を指導している塾など対象年齢が特化しているところがあります。そのため、塾を選ぶ際どのような塾で働きたいか検討しましょう。ちなみに大手の塾なら全年齢を対象としているところもあります。全学年指導するのではなく、得意の学年を対象に授業を行なうので安心して働けます。また、個別指導の塾なのか、集団授業を取り入れているのか把握しておくことも大切です。人によって向いている授業形態が異なるので、自分がイキイキと仕事できる塾を選びましょう。塾講師の仕事は勉強を生徒に教えることだけではありません。生徒の悩みなどを聞くことも塾講師の仕事です。勉強に関する悩みだけではなく進路のことや家庭のこと、学校のことなど家族や友人には話せないことも相談してもらえるような塾講師を目指しましょう。